ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  旅行に関すること  > 海外航空券について


海外航空券について

海外旅行には、新婚旅行の際に1度だけしか行ったことがありませんが、私のような方は現在では少数派ではないでしょうか?

海外航空券は、インターネットや旅行代理店、航空会社窓口から予約をして簡単に購入することが出来ますね。最近では、海外航空券を空席があれば、前日でも買うことができる旅行代理店もあるそうです。それだけ身近になったということでしょうか。

年末年始やゴールデンウィーク、夏休みなどでも、海外旅行券を早めに予約すれば、買えると思っている人もたくさんおられるのではないでしょうか。実際は、人気のある路線の海外航空券等は、夏休みの数ヶ月前に予約しようとしても、キャンセル待ちの状態で、買えるかどうかもわからないことが多いようなのです。海外航空券は各航空会社が旅行代理店に空席を割り当てているのですが、旅行代理店では、確実に客が取れるパッケージなどから優先的に売るため、個人にはなかなか回って来ないのです。複数の旅行代理店に申し込むと、予約が2重になったりして、トラブルの原因になることもあるので、どうしてもピーク時の海外航空券を手に入れたい場合には、パッケージに申し込むか、直行便以外を使って現地に行くルートや航空会社を変えて検討をしてみることも必要になってくるでしょう。

海外航空券にまつわる話で、オーバーブッキングというのをご存知ですか?

キャンセルなどで空席ができないように、航空券を多めに売った場合。また、キャンセル待ちの人を乗せて満席になった後で、正規の客が遅れて来たりした場合。そんな時、乗れない人が出てきます。それが予約の重複、オーバーブッキングの発生です。

日本では、予約したお客が当日乗れないなんてことは、サービスの習慣上ありえないのが通常で、オーバーブッキングが起こることはまずありませんが、海外ではコストの都合上、当然のように行われているようです。海外航空券をせっかく買ったのに乗れないかもしれないなんて、日本人にとっては考えられないことですね。これでは、もし安くて航空券を手に入れていたとしてもお得感なんてありませんよね。

そんな場合でも、航空会社は売った以上、お客を飛行機に乗せて運ぶ義務があるので、代替便の手配、宿泊代、お詫びのポイントや補償金などをつけて、別の便に移ってくれる心優しき客(ボランティア)を募集するそうです。もしかしたら、あなたも海外旅行先で、出発間近にボランティアを募集して、長い列を作っている姿を見たことがあるかもしれません。時間と余裕があれば、ボランティアに名乗りを上げて、補償金やもう1泊延長の旅を楽しんでみるのも一興でしょう。
海外旅行には、新婚旅行の際に1度だけしか行ったことがありませんが、私のような方は現在では少数派ではないでしょうか?

海外航空券は、インターネットや旅行代理店、航空会社窓口から予約をして簡単に購入することが出来ますね。最近では、海外航空券を空席があれば、前日でも買うことができる旅行代理店もあるそうです。それだけ身近になったということでしょうか。

年末年始やゴールデンウィーク、夏休みなどでも、海外旅行券を早めに予約すれば、買えると思っている人もたくさんおられるのではないでしょうか。実際は、人気のある路線の海外航空券等は、夏休みの数ヶ月前に予約しようとしても、キャンセル待ちの状態で、買えるかどうかもわからないことが多いようなのです。海外航空券は各航空会社が旅行代理店に空席を割り当てているのですが、旅行代理店では、確実に客が取れるパッケージなどから優先的に売るため、個人にはなかなか回って来ないのです。複数の旅行代理店に申し込むと、予約が2重になったりして、トラブルの原因になることもあるので、どうしてもピーク時の海外航空券を手に入れたい場合には、パッケージに申し込むか、直行便以外を使って現地に行くルートや航空会社を変えて検討をしてみることも必要になってくるでしょう。

海外航空券にまつわる話で、オーバーブッキングというのをご存知ですか?

キャンセルなどで空席ができないように、航空券を多めに売った場合。また、キャンセル待ちの人を乗せて満席になった後で、正規の客が遅れて来たりした場合。そんな時、乗れない人が出てきます。それが予約の重複、オーバーブッキングの発生です。

日本では、予約したお客が当日乗れないなんてことは、サービスの習慣上ありえないのが通常で、オーバーブッキングが起こることはまずありませんが、海外ではコストの都合上、当然のように行われているようです。海外航空券をせっかく買ったのに乗れないかもしれないなんて、日本人にとっては考えられないことですね。これでは、もし安くて航空券を手に入れていたとしてもお得感なんてありませんよね。

そんな場合でも、航空会社は売った以上、お客を飛行機に乗せて運ぶ義務があるので、代替便の手配、宿泊代、お詫びのポイントや補償金などをつけて、別の便に移ってくれる心優しき客(ボランティア)を募集するそうです。もしかしたら、あなたも海外旅行先で、出発間近にボランティアを募集して、長い列を作っている姿を見たことがあるかもしれません。時間と余裕があれば、ボランティアに名乗りを上げて、補償金やもう1泊延長の旅を楽しんでみるのも一興でしょう。