ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  旅行に関すること  > 人気の温泉と温泉の泉質


人気の温泉と温泉の泉質

温泉は、年齢に関係なく人気です。やっぱり日本人は温泉ですよね(^.^)
温泉はレジャーとして気軽に楽しめて、何よりリラックスできるのがいいですね。

ところで、人気の温泉ランキングをあるサイトで見てみました。少し前の情報ですが、2006年10月30日時点でのベスト3は、以下のとおりです。観光をかねて、それぞれの温泉地を堪能し、日々の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

第1位 箱根湯本温泉

    観光地でも有名な神奈川県の箱根湯本温泉。
    箱根は、3000年程前、箱根山の火山噴火によって芦ノ湖が誕生し、
    現在の箱根の地形ができあがりました。
    その頃から、温泉が湧き出していましたが、
    温泉場として有名になったのは江戸時代からだそうです。
    箱根では17湯あるうちの最も古い歴史を持ち、
    また箱根で一番大きい温泉街です。

第2位 湯布院温泉

    湯布院温泉は大分県にある由布岳の恵みを受けた、
    湧出量が全国第3位の温泉地です。
    温泉情緒あふれる温泉地で、人気の観光スポットでもあります。
    本来の名称は「由布院温泉」だそうで、町の合併に伴って、
    名称を「湯布院」としたことからはじまっています。
    実際には湯布院と由布院は別のようです(知ってました?)

第3位 黒川温泉

    黒川温泉は熊本県阿蘇山の北に位置する温泉街で、
    「入湯手形」による露天巡りで有名です。
    湯治場の風情を残すこの温泉は、地形上、小規模の温泉地では
    あるのですが、口コミやリピーターによって、2000年に入って
    一躍有名になりましたね。


次に、温泉の泉質について考えてみます。

泉質の化学作用は多種多様で、日本の温泉は登録されている件数だけでも2000件以上ありますから、それぞれ同じような泉質でも成分量が微妙に異なります。また、炭酸ガスと硫化水素は血管拡張作用があるため、高血圧・心臓疾患の人には効能があるとされます。その他では温泉の温熱効果とあわせての、種々の痛みの緩和といったところでしょう。温泉は泉質によって、臭いや肌の感触に違いがあります。色々と試してみるのもまた、温泉の魅力と言えるでしょう。

温泉の泉質の種類と温泉名を以下に挙げてみます。

・単純泉(阿寒湖畔温泉、花巻温泉等)
・アルカリ性単純泉(日光きりふり温泉、奥平温泉等)
・単純炭酸泉(天神温泉、湯川温泉等)
・重炭酸土類泉(鳩の湯温泉、高峰温泉等)
・重曹泉(姫川温泉、薬師温泉等)
・食塩泉(野沢温泉郷、白馬温泉等)
・硫黄塩泉(三本柳温泉、酸ヶ湯温泉等)
・鉄泉(赤湯温泉、天狗温泉等)
・硫黄泉(いわき湯本温泉、ニセコ温泉等)
・放射能泉(湯之島ラジウム温泉、阿久根温泉等)

(注)温泉名は代表的な泉質によって表記