ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  旅行に関すること  > 海外旅行に出かける際の注意点


海外旅行に出かける際の注意点

海外に渡航する日本人は、年間1,700万人にもなるそうです。そこで、海外旅行に出かける際の注意点について考えてみたいと思います。

まず、念頭に置いておいたほうがいいのが、文化・習慣の違いです。「郷に入っては郷に従え」という諺(ことわざ)がありますが、海外旅行先のでは、その国の習慣に従うのがマナーだと言えるでしょう。

チップを例に考えてみます。これは、日本では馴染みの薄い風習ですが、海外ではスタンダードな習慣だといえます。チップは、サービス料・奉仕料のことですが、相手のサービスに対して感謝の気持ちから現金を渡すというものです。

海外旅行先の国によって若干の違いはありますが、チップは、飲食店やホテルを利用した時、お店でショッピングをした時、タクシーを利用した時などに、本来の料金に上乗せして支払います。チップの相場は、10%から15%がだといわれています。もちろん、チップの額が今後のサービスに影響を与える場合もあり得ます。何度も利用する店については、1、2%上乗せすることも、楽しい旅をするのには、必要なことでしょう。

次に、海外旅行に出かける際の注意点として考えられるのが、治安です。

犯罪に巻き込まれないためにも、安全対策を怠らないようにしなくてはなりません。海外の国では、日本と違って生活水準の低い国が多く、そのため治安の悪いところもたくさんあります。日本のように治安のいい国で生活していると、ついつい警戒心がなくなってしまうため、海外に出た場合には、格好の"えじき(犯罪の対象)"にされてしまうようです。

日本人が最も多く被害にあっているのは、スリや置き引きなどの窃盗犯罪です。

手荷物から気を外した隙に持ち去られるわけですが、酷いものになると睡眠薬を飲まされる場合さえあります。この他にも、バーなどの飲食店で、法外な値段をぼったくられたり、麻薬犯罪者に仕立て上げられたりと、その手口は様々です。常に、海外では、犯罪に巻き込まれる可能性があるんだということを念頭に置いて、行動するようにしましょう。

海外では、この他にも注意すべき点が多数あります。

旅行前には旅先の国の風習や特に注意すべき点などについて、経験者や旅行代理店に聞いたり、旅行雑誌やインターネットの口コミサイトなどで十分な下調べをして、楽しく快適な海外旅行に出発しましょう。