ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  投資に関連すること  > 国際投資とは


国際投資とは

国際投資とは、海外の金融商品を投資対象にするということです。国際投資に実際投資するには、自分で直接証券や国際を購入する以外に、国際投資信託に投資するという方法もあります。

金融商品は、日本国内だけでなく、世界各国に数多く存在し、日本から投資できる証券や国債なども、かなりの数が存在します。

国際投資を個人で直接行う場合は、国内の金融商品と同様に、取引したい国の証券や外貨を取り扱っている証券会社に口座を開設します。外貨や国債であれば、銀行でも取引が可能のようです。

口座を開設したあとは、ほとんど国内の投資と変わりありません。証券や債権であれば、安いときに買い、高くなったら売って、その差益で利益をあげるのです。


国際投資により、まだまだ経済的成長の最中である国へ投資し、大きな利益を狙ったり、急な政変やテロもしくは災害、戦争による国際的リスクを分散することができますが、それによる損失も考慮しておかなくてはならないでしょう。逆に、そうした暴落をあえて狙って利益を上げるということも理屈上、不可能ではありません。

国際投資は、日本では不況のピークであっても、別の国では経済成長の真っ只中という各国の経済成長や経済循環のサイクルの違いを狙うことができるというところも魅力のひとつといえるでしょう。


国際投資信託の場合は、定期貯金のように保有期間が決まっている場合が多く、急な暴落などのリスクが少ない、安定した国で運用していることが多いようです。購入する場合は、投資対象がどの国で運用するのか、その国の経済成長状態はどうなっているのか、投資信託の過去の運用成績などを事前に十分調査しておくべきでしょう。

個人投資家が証券会社を通して始めやすい国際投資としては、各国の外貨や、アメリカ、インド、中国などの証券市場でいいのではなでしょうか。