ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  投資に関連すること  > 投資信託とは


投資信託とは

投資信託とは、ファンドとも呼ばれ、銀行にお金を預けるように、投資信託に資金を預け、自分で業界や企業を分析しなくても、投資の専門家が、集められたお金を証券や債権への投資して運用した利益の分配を受けるという金融商品のことです。

ファンドというと、世間を騒がせ話題にもなった村上ファンドのことを思い出される方も多いのではないでしょうか。運良く運用成績のよい投資信託を選ぶことができれば、大きな利益を得られる可能性があります。

投資信託は、近年の資産運用への関心の高まりとともに、とても注目されている商品のひとつです。長い間のゼロ金利政策による低金利、平均寿命が伸びたことや年金問題などによる老後の生活の不安も、投資信託への関心が高まっている理由のひとつといえそうです。

個人投資家では、情報や経験が不十分なことも多く、投資対象の価値や時期を判断するのは大きな労力が必要です。かつ投資信託での運用は専門家には及ばないのが現実ではないでしょうか。

投資信託のメリットは、銀行や証券会社で1口いくら、という定期預金のような感覚で購入することができ、苦労無しで専門家による安定した利益が見込めるところにあります。

投資家が自分自身で投資判断をすることに比べればリスクが低いので、高齢者や、大きな資金の分配投資などの運用での利用も多いようです。

また、投資資金を分散し、一部は自分でハイリスク・ハイリターンな証券取引を直接行い、一部は投資信託に投資するというスタイルを取る人もいるようです。

しかしながら、投資信託の利益の分配を受ける場合でも、投資の成績がよければ預貯金以上の利益を得ることができますが、成績が悪ければ、預けた金額が減ることもあるという、リスクについても十分に理解しておくことが必要です。

投資信託を専門に扱うファンド会社も、近年の投資ブームにより急増していますが、利益をあげられずに倒産してしまうファンドもかなりの数にのぼるとききます。

繰り返しになりますが、たとえ専門家に依頼するとしても、投資対象や、投資成績についてはリスクがあることを十分に注意して投資することが大切です。