ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  投資に関連すること  > 投資顧問とは


投資顧問とは

投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、証券取引に対する分析を担当したり、投資に対する助言を担当する場合もありますが、主に証券取引に関する専門知識を持つスペシャリストのことを指しています。

投資顧問は、株相場全体や、個々の企業の業績を分析するなどして、本来の価値基準を計算して、証券取引についての情報を、投資家に公表しています。

投資顧問が顧客に直接投資助言をする形態は、以前は一般的でしたが、手数料が高くなることもありますが、1日に何度も売買する近年のネット証券の発達にともない、あまり見られなくなりました。

投資家は、基本的に自分の調査や予想に基づいて証券などの売買をします。

投資対象は、その性質により、季節や気候により周期的に変動するものや、株価のように年単位で大きな波があるものまでさまざまで、時には、同時多発テロのように事前に予測困難なリスクにより、1日で大きく変動することもあります。

投資顧問は、価格が常に変動する証券取引や、外貨、不動産などさまざまな商品の相場の現状を把握し、分析し、本来の価値を判断する専門家です。

近年のネット証券の流行により、爆発的に個人投資家が増え、それに伴い、短期売買による早期の売買差益を狙う人が増えていますが、投資顧問が分析結果を発表した直後は、やはり投資家の注目が集まりやすく、発表内容と現在価格の差益を狙って、大きく株価が変動することも珍しくありません。

投資顧問の発表内容に対して過剰反応することは注意しなければなりませんが、それに便乗して大きな利益を得るということも戦略的には考えられるので、投資スタイルに合わせて、あらゆる情報を活用することが大切です。