ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  投資に関連すること  > ネット証券、オンライン証券


ネット証券、オンライン証券

ネット証券(オンライン証券)とは、インターネット経由で、株式などの証券取引サービスを行っている証券会社のことです。

FX(外国為替証拠金取引)だとか、デイトレード、先物取引など、ネット上で行われる株式・債券・投資信託等の金融取引については、「ネット株取引」「オンライントレード」などと呼ばれ、多くの個人投資家が利用していますね。

有名なネット証券会社には、松井証券、イー・トレード証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券、オリックス証券などがあります。株などの投資に興味がなくても、一度は聴いたことがある名前もあると思います。

ネット証券を利用する利点は、旧来型というか、営業マンが証券会社の窓口や電話口で顧客対応するスタイルに比べて、コストが非常に安く済むこと。また、スピーディーなリアルタイムの情報を顧客に提供できる点にあります。

ユーザーにとっては、ネット取引はインターネットに接続できるパソコン、または携帯電話さえあれば、いつでもどこでも、ネット経由での操作一つで手軽に取引できて便利なため、利用者は年々増加傾向にあり、主婦や学生が副業代わりに行っているというケースも見られるなど、最近は、ネット証券の登場によって、株式投資の敷居が低くなってきています。

しかし、良いことばかりではありません。

ネット証券の場合、従来のように、証券会社の営業担当者が銘柄についてのアドバイスをしてくれたり、相談に乗ってくれたりはしませんから、自分で情報を収集して判断し、注文を出さなければいけません。

ネット証券の長所と短所、両面を把握したうえで、余裕資金での運用で上手に利用しましょう!