内田 篤人




内田 篤人(うちだ あつと)は1988年3月27日生まれ、清水東高校出身、鹿島アントラーズ所属のディフェンダーです。

2004年U−16アジア選手権大会に向けたセレクションで関係者の目に留まり、U−20ワールドカップ2007や北京オリンピックなど各年代別の日本代表にてその存在をアピールし、2008年1月のチリ戦において、19歳という若さでA代表デビューを果たしました。

Jリーグトップクラスのスピードを誇りながら、ボールの保持力やクロスのコントロール精度にも高さにも定評があり、ワールドカップ予選日本最年少ゴール記録を持つように、振りの早い正確なシュートも持ち味になっています。


続きを読む

(C) 2010 サッカー日本代表 VSチリ