日本代表の故障者 -2




しかし、日本代表の主力メンバーである中村俊輔は5月24日までリーグ戦があるために合流が遅れるということと、5月9日のレンジャーズ戦にて右股関節痛を悪化させということがあり、キリンカップへ出場は難しい状況なのではともいわれています。

また、国内選手においても、センターバックの寺田 周平(川崎)も5月10日の浦和戦で左太もも裏を痛めて途中交代するなど、フォワードの田中 達也(浦和)も左太もも裏痛で別メニューの練習をこなしているなど、ケガ人が続出しており、思うような人選が出来ないのではないかと危ぶまれています。

キリンカップはワールドカップアジア最終予選に向けた大切な調節の場ではありますが、日本代表の最重要課題はワールドカップへ出場することですから、せめて6月6日のウズベキスタン戦には出場できるよう、コンディションを整えてもらいたいものです。


トップページ

(C) 2010 サッカー日本代表 VSチリ