チリ戦の海外組 -2




海外組は中村俊輔(セルティック)をはじめ、長谷部(ウォルフスブルク)、大久保(ウォルフスブルク)、松井(サンテティエンヌ)、本田(VVVフェンロー)に対して召集をかけたようですが、中村俊輔はスコットランドプレミアリーグの今季最終戦が5月24日であることや、5月9日のレンジャーズ戦で以前から痛めていた右股関節を更に悪化させたらしく、12日のダンディー戦への出場すら微妙となっています。

元々、中村俊輔は日程的に厳しいということもあり、体調管理のためにも31日のベルギー戦から合流し、ワールドカップ出場をかけた6月6日のウズベキスタン戦からの参戦を予定していたようですが、この右股関節痛により、状況は更に厳しくなってきているようです。

キリンカップはワールドカップアジア最終予選に向けた大切な強化試合ではありますが、日本代表の最重要課題はワールドカップへ出場することですから、せめて6月6日のウズベキスタン戦には出場できるよう、調整してもらいたいものですね。


トップページ

(C) 2010 サッカー日本代表 VSチリ