岡田監督の意気込み -2




5月現在のFIFAランキングは日本が35位であるのに対し、チリが26位、ベルギーが62位となっています。順位が上であるチリはワールドカップ南米予選でも現在3位とグループリーグ突破が見込まれる高位置につけていますし、62位のベルギーも、激戦区であるヨーロッパ予選で戦っているため、順位は落とし気味ですが、侮れる相手ではありません。

現在、日本代表はワールドカップ最終予選において、グループ2位であり、ウズベキスタン戦で勝利し勝ち点3を得ることができれば出場権を獲得できるといった好ましい状況です。岡田監督の掲げる、ワールドカップで4位という目標はかなり難しいですが、過去の結果よりもよりよい成績を残すために、キリンカップサッカー2009でワールドカップ最終予選に向け、しっかりと調整を行ってもらいたいものです。


トップページ

(C) 2010 サッカー日本代表 VSチリ