中村俊輔のプレイスタイル -2




中盤の選手としては、典型的なパサーのスタイルで、自身がボールを保持して溜めを作りながら様々なパスを繰り出し、ゲームを組み立てます。日本代表においては自身で切り込むといった場面はそれほど多くありませんが、所属しているセルティックではシュートを意識するなど、ゴール前でディフェンダーを交わして得点するといった場面も見られます。

日本代表の中心選手ですので、今回も代表に招集されるのは間違いないかと思われますが、スコティッシュ・プレミアリーグの日程がキリンカップの直前まで組まれているため、キリンカップサッカー2009におけるチリ戦やベルギー戦への出場は難しいのではないかと言われております。合流は現在、ベルギー戦の頃か、ワールドカップ予選のウズベキスタン戦の予定とされていますが、出場の際には活躍を期待したいものです。


トップページ

(C) 2010 サッカー日本代表 VSベルギー