中村憲剛 -2




元々攻撃的ミッドフィルダーであったため、現在はボランチでありながら飛び出しなど攻撃的なプレイも多く、精度の高いミドルシュートも大きな武器の一つとなっています。また、それほど体の大きな選手ではないものの、ボディバランスが良いため激しいプレッシャーに屈する事なくボールキープすることができます。

5月27日から行われるキリンカップサッカー2009におけるチリ戦やベルギー戦、ワールドカップ最終予選であるウズベキスタン戦やカタール戦においても召集される可能性が高いとおもわれます。岡田監督が色々な選手を試したいと公言しているキリンカップのチリ戦やベルギー戦などにおいては出場する機会も増えるのではないかと思われますので、活躍を期待したいものです。


トップページ

(C) 2010 サッカー日本代表 VSベルギー