橋本英郎




橋本 英郎(はしもと ひでお)は1979年5月21日生まれの、ガンバ大阪所属のミッドフィルダーです。

ガンバ大阪ジュニアユース、ガンバ大阪ユースに所属しながらも、大阪府立天王寺高等学校、大阪市立大学経済学部といった大阪府内でも有数の進学校を卒業しています。

ユース時代の同期生である、稲本潤一の影にうもれがちではありましたが、稲本がアーセナルに移籍した頃から徐々に出場機会を増やし、2005年にはレギュラーに定着してガンバ大阪のリーグ優勝にも貢献、ガンバ大阪の西野監督からも暑い信頼を寄せられる選手となっています。

日本代表デビューは2007年6月のモンテネグロ戦においてであり、ワールドカップ南アフリカ大会アジア最終予選などにおいても召集されています。


続きを読む

(C) 2010 サッカー日本代表 VSベルギー