西川周作




西川 周作(にしかわ しゅうさく)1986年6月18日生まれ、大分トリニータ所属の日本代表に選出されたこともあるゴールキーパーです。

地元出身の大分トリニータ生え抜きの選手として、トリニータ屈指の人気選手でもある西川は、U−18日本代表や2008年の北京オリンピックサッカー日本代表など各年代の日本代表にも選ばれる実力を持った選手でもあります。

西川の持ち味は正確なフィードボールにあるといわれています。チャンス時などにおいてけられる低いライナー性のキックは、アシストとなることもあるほどの正確性をもっています。また、デビュー戦においてゴール前でのフリーキックを蹴るなど、フリーキックにも定評があり、ユース時代にはフリーキックで通算7ゴールもあげているそうです。


続きを読む

(C) 2010 サッカー日本代表 VSベルギー