セバスチャン・ポコニョーリ -2




この北京オリンピックの中国対ベルギー戦において、中国のディフェンダーである譚望嵩がポコニョーリの股間に飛び蹴りを食らわし、流血沙汰となる事件もありました。北京オリンピックサッカー中国代表のラフプレーの多さが各メディアに取りざたされることも多かったため、このシーンを記憶されている方もいらっしゃるのではないかと思います。

A代表デビューは2008年の5月に行われたイタリアとの親善試合です。

AZアルクマールの今季日程は5月10日で終了していますので、キリンカップサッカー2009の日本代表対ベルギー戦に出場する可能性も高いのではないかと思われます。まだ21歳と非常に若い選手でもあります。日本対ベルギー戦を含め、今後どういった活躍を見せてくれるのか、楽しみですね。


トップページ

(C) 2010 サッカー日本代表 VSベルギー