セバスチャン・ポコニョーリ




セバスチャン・ポコニョーリ(Sebastien Pocognoli)は1987年8月1日生まれ、オランダのサッカー1部リーグ、エールディヴィジのAZアルクマールに所属するディフェンダーです。

ポコニョーリは2002−2003年シーズンに元日本代表の鈴木隆行が所属していたベルギーのKRCヘンクにて、16歳の若さでプロデビューを果たしました。その後、KRCヘンクでの活躍が認められ、2007年にオランダのAZアルクマールに5年契約で移籍しています。

ベルギーの各年代別代表としても活躍している選手で、2008年の北京オリンピックにも出場しています。


続きを読む

(C) 2010 サッカー日本代表 VSベルギー