ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  ペットについて  > 熱帯魚の病気


熱帯魚の病気

熱帯魚の病気には、主なものとして、白点病、尾ぐされ病、水カビ病などがあり、よく知られていますね。

熱帯魚が病気にかかっているかどうかは、体の表面を見て判断できるものもありますが、一般には、食欲不振になる、動作が不活発になるなどがサインです。

熱帯魚が病気になっても、犬や猫のように動物病院に連れて行けるわけではないので、飼育者が自らが、診断や治療にあたらなければいけません。熱帯魚の病気の治療には、環境による原因を取り除いたうえで、市販の魚病薬による"薬浴"を行うのが一般的です。その際の注意点としては、処方どおりの薬の濃度を守ることが大切です。

熱帯魚の病気の原因は、水質悪化によるストレスや、水温の急変など、環境の変化によるものがほとんどです。つまり、その病気のほとんどは、飼い主自身による人的原因によるものなのです。熱帯魚は環境の変化に敏感なので、水温や水質が変わると、ストレスを感じたり、病気にかかったりしやすくなるのです。だから、病気の治療としては、魚病薬による「薬浴」を行う時には、まず環境による原因を取り除く必要があるのです。

結局のところ、熱帯魚を病気から守るためには、日々の水質・水温管理をきちんと行うこと。基本的なことですが、それが、結果的には一番の予防策となります。

ペットは熱帯魚