ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  ペットについて  > 熱帯魚用の水槽の種類と選び方


熱帯魚用の水槽の種類と選び方

熱帯魚が優雅に泳ぐ水槽のことをアクアリウムということをご存じでしたか?
アクアリウムは、インテリアとして見ても、とても美しいですね。

この美しいアクアリウム。つまり水槽ですが、水槽の種類と選び方は、見た目だけの問題でなく、熱帯魚が健康に生きていくための「水質管理」に直結する重要なことなのです。ですから、熱帯魚を飼うときには、水槽の種類と選び方については、よく知っておかなければいけません。

熱帯魚を飼うときには、他にもサーモスタット、ヒーター、ろ過器、水温計など、さまざまな用具を揃えなければいけませんが、その中でも特に、水槽(アクアリウム)の種類と選び方は、大切なことなのです。

熱帯魚用の水槽の種類には、ガラス製とアクリル製があります。ガラス製はやや重いですが透明度が維持しやすく、アクリル製は軽いけれど変形しやすいという特徴があります。サイズもいろいろあり、透明度を維持しやすいガラス製が一般的ですが、大きいサイズになるとかなりの重量になってしまいます。

熱帯魚をはじめて飼育する方には、傷つきやすいアクリル製より、ガラス製の方が扱いやすいでしょう。

次に熱帯魚用の水槽のサイズの選び方です。
特に初心者の方にありがちな間違いが「まずは小さい水槽で試してから......」と考えることです。じつは、水質管理は、小さい水槽の方が難しいのです。

水量の少ない水槽(小さい水槽)の場合は、熱帯魚のフン等による水の劣化が早く、水量が少なければ、外界の影響を受けやすくなり水温や水質も変化しやすくなります。小さな水槽の選択は、かえって水質管理を難しくしてしまいます。飼育初心者の方は、部屋のスペースが許すなら、標準規格(横60センチ、縦36センチ、奥行き30センチ)の水槽を選ぶことが無難だといえます。

そして、熱帯魚の飼育に慣れてきたら、水草の繁茂等、自然環境を再現するための、精巧なシステムの水槽の導入を検討していってもいいでしょう。