ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  ペットについて  > 猫の病気について


猫の病気について

猫の病気は、初期の頃は飼い主も気がつきにくいものです。猫が吐いたり、下痢をしたりして初めて、病気だとわかることもあります。

猫の病気のサインは、下痢をする、吐く、けいれんする、鼻水が出る、食欲がなくなる、体をしきりに噛むなどです。

何かしらの変化を感じて、ネコが病気かもしれないと思ったら、速やかにかかりつけの動物病院に連れて行き、獣医さんに相談しましょう。動物病院では、必要に応じて、問診や身体検査、糞便や尿検査、血液検査、レントゲンやエコー、心電図検査などを行い、病気の症状に応じた、適切な薬の処方をしてくれます。

猫の病気には、伝染病をはじめとして、命にかかわるようなものも多くあります。
猫が屋外で他の猫、特に野良ネコなどと接触する機会のある場合は、病気にかかりやすいと言われているので要注意です。

また、ワクチンの予防接種によって、防げる病気もあります。

特に、ウィルス感染の場合は病気になってからでは遅いので、病気予防のため、定期的に、動物病院でワクチンの予防接種や健康診断を受けておくようにすることが大切になります。