ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  ペットについて  > 猫の動物学


猫の動物学

猫(ネコ)。つまり、ペットとして親しまれている飼い猫の学名は、動物学的に見ると、ネコ科の「イエネコ」となるそうです。

猫を動物学的に見た場合、他のネコ科の動物に比べて体は小さいものの、獲物までの距離を正確に測ることのできる視力、明るさの変化への反応が速い瞳孔、鋭く指向性の高い発達した聴覚、すぐれた嗅覚、柔軟な身体、瞬発力など、狩猟に適したさまざまな能力の名残を残し持っています。

猫は、愛らしい容姿とはうらはらに、動物学上は、ライオンやトラ、ヒョウ、チーター、ジャガー、ピューマなどの大型の猛獣と同じネコ科に属している仲間なのです。したがってペットの飼い猫も例外ではなく、かわいく穏やかに見えますが、肉食であり、夜行性でもあります。そのようなネコ科の習性を持っている生き物なのです。

こういう動物学の豆知識を知ると、飼い猫が、夜中にドタバタと暴れ回ったり、ネズミを捕るのが上手だったりする理由が、なんとなくわかってくるのではないでしょうか。

猫は生まれて9~10ヵ月で大人の猫(成猫)となります。メスは年に数回の発情期があります。妊娠期間は約2ヵ月。1回に生む子猫は約4匹と言われています。

猫の寿命は、動物学上では約10年前後とされていますが、室内で飼われているペット猫の場合、平均寿命は近年延びる傾向にあるようです。