ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  ペットについて  > オオクワガタの飼育法


オオクワガタの飼育法

オオクワガタは、とっても人気のある昆虫ですね。飼育のポイントさえ押さえれば、オオクワガタの成虫は、3年程度生き続けることが可能です。そのためには、オオクワガタに適した環境を整えてあげることが必要です。

飼育に必要なアイテムは、全てホームセンターやペットショップで取りそろえることが出来ます。「オオクワガタ(クワガタムシ)飼育セット」等の名称で比較的安価に販売されているので、利用すると良いでしょう。飼育に必要なアイテムである、飼育ケース、昆虫マット、腐葉土、朽ち木、オオクワガタのエサ(昆虫ゼリー)などがセットになっているものです。

飼育のポイントは、1つのケースで、オオクワガタを1匹だけで飼うということです。
これは、オオクワガタ同士でのエサの奪い合いや、ケンカを未然に防ぐために必ず守ってください。

そして、飼育ケースは、寒暖の差が少ない所に置くことが必要です。また、昆虫マットや腐葉土を敷くときには、霧吹きで水を吹き付け、一定の湿度が維持されるように配慮することを忘れないようにしてください。日頃の湿度管理も、オオクワガタ飼育のポイントといえるのです。

オオクワガタの成虫の寿命は、カブトムシなどより長く、3年前後。冬眠もします。正しい飼育方法を学んで、長生きできるような環境を維持してあげるようにしましょう。そして、オオクワガタの成長と観察を楽しんで下さい。