ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  ペットについて  > ハムスターの飼育法


ハムスターの飼育法

ハムスターは、小さくて可愛いので人気のペットですが、飼育するにあたっては、ハムスターにとって快適な環境を整えてあげる必要があります。

飼育には、ケージ、ハムスターのストレス解消用の回し車、敷材(床に敷くチップ)、水飲みボトル、フードとエサ皿、が基本的な飼育用具になります。ハムスター用の飼育セットとしてホームセンターなどで市販されているので、入手も簡単にできます。

飼育の最大のポイントは、ハムスターにエサや水分を与えすぎないこと。レタスなどの水分の多いものも、下痢の原因になります。ハムスター専用フードを中心に与えて、おやつはなるべく控え目にするようにしましょう。

それからハムスターは、とても繁殖しやすい生き物です。無計画な出産は、飼い主にとってもハムスターにとっても不幸の原因になりかねません。ペアで飼育する場合には、しっかりと計画を立てることも大切になってきます。

また、ハムスターは、活発な反面、恐がりな性格でもあります。不用意にゲージを揺らしたり、大きな音を立てて驚かせたりしないように、落ち着いた環境で育てるのが良いでしょう。

以上のような飼育の基本を押さえて、過ごしやすい環境の維持と衛生管理に努めた育て方をすれば、ハムスターは、種類にもよりますが、3年前後は生きることができます。