ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  ペットについて  > ゴールデンレトリバーの飼い方


ゴールデンレトリバーの飼い方

ゴールデンレトリバーのような大型犬を飼う家庭が増えていますね。ゴールデンレトリバーは、元々はイギリスが原産で、猟犬として飼育されていたものなのですが、日本に入ってきているのは、それとは違ってアメリカンタイプの家庭犬の要素が強い種類の犬になります。

ゴールデンレトリバーの人気の秘密(理由)は、頭がよく、しつけもしやすい犬種であり、フレンドリーな性格で人懐っこく、好奇心旺盛、そして何よりも親しみやすい優しい顔つきをしていることなどがあげられるでしょう。

ゴールデンレトリバーは大型犬ですから、毎日それなりに運動が必要です。とは言っても、ゴールデンレトリバーは、体を動かすことが大好きで、また人間も大好きなので、遊びを通してのしつけがよいでしょう。回収犬(レトリーバー)であるという特徴を生かして、例えばゲームの延長としてモノを持ってこさせたり、運ばせるといった訓練をして上げるのが良いのではないでしょうか。頭がよいので、直ぐに覚えると思いますよ。

また、太りやすいので毎日の散歩もかかせません。しつけは簡単ですが、子犬のころからのしつけが大切です。しっかりとしつけができると、ノーリードで例えば野原にいって思いっきり遊ばせることも可能でしょう。

ゴールデンレトリバーのしつけの中で、「甘噛み」と「飛びつき」は大型犬なので特に注意が必要です。ゴールデンレトリバーは甘えん坊で、自分の体が大きいことを考慮せずにじゃれてきます。きちんとしつければ、あなたのよきパートナーとなる犬です。飼い主であるあなたが、犬の性格をよく理解して、正しいしつけを行なってください。

それから、ゴールデンレトリバーは暑がりです。真夏日の散歩には注意が必要です。また毛長で皮膚炎にもなりやすいので、皮膚の状態チェックをかねて、マメにブラッシングをしてあげることも必要です。その他、ゴールデンレトリバーは無理な交配などによって、股関節形成不全を呈する場合があります。そうなった場合には、体重管理が必要です。
気を付けてあげましょう。

ゴールデンレトリバーは人恋しい犬なのです。毎日、コミュニケーションをとってあげましょう。