ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  ペットについて  > 犬に着せる服は?


犬に着せる服は?

犬に服なんて必要ない。犬に服を着せるなんて、私も含めて、少し前までは考えらませんでした。確かに数年前までは、そういう風潮が主流でした。しかし、現在では犬用の洋服は「犬服」と呼ばれて普及していますし、さまざまな種類のものが販売され流通しているのです。

犬に服を着せる理由は、見た目が良いからという飼い主の自己満足ばかりではありません。散歩時の汚れや雨から愛犬の体を守るという意味もあります。また、抜け毛が飛び散るのを防いだりといった役割もあります。寒さや紫外線対策にも効果を奏します。実際に、服を着せるようになってから、犬が風邪をひかなくなったという話も聞きます。

犬服の中には、人間顔負けの高価なオーダーメイド商品から、コスプレ用の凝った洋服までさまざまなものがあり、ペット市場は新分野を開拓しつつありますが、犬用の服を選ぶ際は、目的に沿った形状・素材のものを選ぶようにしたいものです。

犬に服を着せる場合、事前に犬のサイズ(犬の首まわりや着まわり、胸まわりのサイズ)をしっかり採寸しておくこと、犬にとって快適な素材・形状の服を選ぶというのが、基本的なポイントです。

注意点としては、洋服を24時間(一日中)着せっぱなしにしないこと、子犬の頃から服を着ることに慣れている犬は別ですが、嫌がる犬には無理強いしないことです。

最近では、オーダーメイド商品や、コスプレ用商品まで流通している犬服の世界。今後は、人間と同程度まで、アパレル産業も発達していくのかもしれませんね。

犬の洋服にかんする情報