ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  ペットについて  > 犬の病気について


犬の病気について

犬の病気には、ジステンパーなどの伝染病をはじめとして、発症すると必ず死亡するという恐ろしい病気である狂犬病や、さまざまな病気があります。

あなたの大切な愛犬を病気から守るために、最初にすることは、予防接種です。犬の病気のほとんどは、予防接種で防ぐことが可能なのです。

しかも、狂犬病の予防接種は、毎年1回接種することが、法律で義務づけられています。キチンと市町村へ、あなたの愛犬の登録が済んでいれば、毎年その時期になれば通知が来るので、必ず受けるようにしましょう。動物病院では、狂犬病以外の複数の病気の予防に効果のある、混合ワクチン接種も行っています。


また病気予防のために、定期的な健康診断を行っている動物病院もあります。犬の健康維持のために、そういった動物病院を利用すると良いでしょう。

もしも、犬が病気になってしまったら、直ぐに、かかりつけの動物病院へ連れて行って、獣医師に必要な治療をしてもらいましょう。必要な検査をした後、病気の症状に見合った薬を処方してくれます。

病気から愛犬を守るためには、私たちと同じように、早期発見・早期治療が肝心です。

日頃から、犬の健康状態に留意して、犬の様子などから「もしかしたら?」とか「病気かな?」と感じることがあったら、迷わず獣医さんに相談するようにすると良いでしょう。