ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  ペットについて  > 犬の動物学


犬の動物学

犬は、動物学上ではオオカミが祖先であると言われ、イヌ科に属する哺乳類で、人間のパートナーとして家畜化された最初の動物だと言われています。

動物学上の犬の特徴の一つである人間の数万倍も鋭いと言われる嗅覚を持っています。また犬は、野生のときには群れを作って生活していたため、もともと順位性に厳しく、自分より上位であるとみなしたリーダーに対して、従順な性質をもっています。そのため、特別な訓練をすることなく、人間の狩りの助手として使われるようになったのではないかと、動物学では考えられています。

犬をしつけるときには、まず、飼い主がリーダーであることを犬に教え込ませることがポイントだとよく言われますが、このような動物学に基づいた根拠があるのです。

犬の品種は400種類以上あり、動物学における主な分類では、猟犬とそうでないものに大別されます。猟犬ではないものには、牧羊犬・農場犬・番犬・そり犬・愛玩犬などがあります。しかし犬は聴覚も鋭いのですが、色覚はほとんどありません。

動物学では、犬の寿命は、平均10~16歳くらい(犬は12歳で老犬)と言われますが、育てられた環境や犬種によってもかなりの違いがあります。また近年、医療技術の進歩により、ペットの犬の寿命はかなり延びる傾向にあります。