ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  保険について  > 自動車保険について


自動車保険について

自動車保険、入っていますか?

自動車保険とは、自動車で万が一事故を起こした時に生じる、様々な損害の主に金銭的リスクを補償するための保険です。保険料を納めることによって、契約が成立します。

自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は強制保険ともいわれており、自動車はもちろん二輪のバイクや原付も含まれます。誰もが必ず加入しなければならない保険です。もし加入せずに公道を走らせた場合、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金が課せられます。さらに違反により点数が6点減点となり免許停止です。自賠責保険の証明書を自動車に積んでいないだけでも30万円以下の罰金ですし、自賠責保険に加入していなければ車検も通らない仕組みになっています。

自賠責保険は、交通事故の被害者への補償を目的とした保険ですから、他人をケガさせたり死亡させたりした時など「対人事故」のみに対して支払われます。よって、自動車を運転していた者がケガをしても死んでも、あるいは車両や建造物に損害があっても適用されません。この点は、見落とされやすい点なので注意して下さい。

つまり自動車保険といっても、自賠責保険はあくまでも最低限の保障しかない保険なのです。これに加入しているだけで安心とはとてもいえません。それ故に任意保険への加入が必要になってくるのです。

自動車保険の任意保険が保障するのは、その性格上、自賠責保険でカバーされない部分の損害となります。自賠責保険の補償額では、対人保障額としては足りないことも多く、その不足を補う目的があります。それから自賠責では対象外となっている運転者のケガ等の補償、車両や建造物の対物損害補償などをカバーするために任意保険に加入する必要があるのです。

しかし忘れてはいけないのは、自動車保険の任意保険に加入したとしても、カバーされるのは主に金銭的リスクのみ。事故にあえば被害者・運転者双方が、心身に深い痛手を負ってしまいます。しかも自動車事故の程度や内容によっては運転者に刑事罰が科せられます。自動車保険に入っていても気を緩めず、常に安全運転を心がけましょう。

交通事故は、あなたと事故被害者の双方の一生を狂わせる可能性があるのです。