ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  保険について  > 入院保険とは


入院保険とは

入院保険とは、医療保険の特約である場合がほとんどです。各保険会社が、医療保険に抱き合わせる形で様々な特約をつけたものと考えることが出来ます。いざ入院となると、入院費、生活費などの不安がつきものですが、それを補ってくれるのが入院保険です。

特約には、手術特約とか通院特約とかがありますが、細かい呼称は各保険会社によって異なっています。入院保険は病気やケガでいざ入院した時は役に立つ保険だといえるでしょう。もちろん、入院保険は入院してからでは当然ですが契約ができません。

入院保険は、健康保険ではカバーしきれない部分、たとえば保険対象外の治療を受ける場合や入院時の差額ベッド代・雑費などをカバーしてくれるものと考えておいたほうがよいでしょう。


入院保険の選び方のポイントとして、まず考えるのは入院日額をいくらに設定するかということです。5千円?1万円という額が現在では一般的です。入院日額が高いと、もちろん保険料も高くなります。

入院保険の選び方で次に考えたいのは、保険期間をいつまでに設定するかということです。10年か終身を選択されることが多いようです。できれば終身を選んだほうが安心できますが、保険期間が長いと、保険料は当然高くなります。

入院保険の選びの3つめのポイントは、1回の入院での上限日数の設定です。病気にもよりますが、入院はだいたい長くかかるものと考えたほうが無難です。一ヶ月以上かかるのは当たり前と思っておいたほうが良いでしょう。


入院保険は、実にさまざまな保険会社が提供しています。これから加入しようと考えている場合、いったいどの保険会社のどの入院保険を選んで良いのか難しいですね。できれば月々支払う保険料も安く抑えたいところです。自分なりの入院保険を選ぶポイントの設定をしたら、各保険会社から資料を取り寄せて、納得できる良い保険を選ぶことが大切です。