ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  保険について  > がん保険とは


がん保険とは

がん保険とは、医療保険の中で、がんに特約することにより厚い保障を提供している保険です。がんと診断されたときに頼れる保険です。がんで入院・手術したときなどにも給付金を受け取ることができます。

がん保険には、がんと診断されたときの「診断給付金」、がんで入院したときの「がん入院給付金」、がんの手術を受けたときの「手術給付金」、がんで死亡したときの「死亡保険金」等があります。保険会社によってはこの他に退院療養給付金、通院給付金、健康支援金などさまざまなものを取り入れている場合もあります。

がん保険にも生涯保障の「終身型」(有期払いと終身払いがある)と、一定期間だけを保障する「定期型」があります。無難に選ぶなら、終身型が良いと言えますが、良く考えて加入しましょう。もちろん、がん保険はがんと診断されてからでは加入できません。ただし、以前がんであると診断されたことがある人の場合でも、治療が完了してからの経過年数や年齢制限等の付加条件をクリアすることにより加入できることがあるので、加入を検討されている場合は、諦めずに保険会社に直接確認してみましょう。

がん保険は通常、保険の契約後91日目から、責任保障が発生することになっています。つまり、すぐには保障が開始されないということです。また責任開始日前にがんであると診断されてしまうと、がん保険の契約は無効となってしまいます。

日本では死亡原因のトップが、がん(癌)だそうです。自分が将来がんに罹るリスクがあると思われるなら、保険料も有利になるので早めにがん保険に加入しておいたほうが良いでしょう。ただし、取り敢えず保険に入っておきたいという場合は、どの病気にも対応する医療保険の方が適しているといえます。

がん保険も色々な種類がありますので、よく比較検討して、自分に合ったものを選ぶことが大切です。