ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  保険について  > 火災保険とは


火災保険とは

火災保険とは、基本的には火事になったときのための保険です。加入する保険によっては、それだけでなく、落雷、台風、雪、車両の衝突等の損害や、盗難に対する保険が付属するものまであります。家を対象としたトータル保障を目的とした保険と考えれば良いのかも知れません。

但し、火災保険は、地震などの自然災害については補償外となるので、補償を希望する場合は、合わせて地震保険にも加入しておくことが必要です。

火災保険の種類としては、住宅火災保険、住宅総合保険、団地保険、特約火災保険等があります。

火災保険で注意しておくことは、建物だけ保険をかけても仕方がないということです。火災保険を建物だけをかけておいた場合、建物の中にある家財等は補償がきかないことがあります。このようなことは、火災保険に限りませんが、特に火災保険では何に保険をかけるかを明確にすることが鍵となります。

加入する場合は、契約の内容をよく確かめて、何を補償してくれるのかをしっかりと理解してから決めるようにしましょう。

その他に、火災保険の間接的なメリットといえば、隣が火事になって自分の家に燃え移った場合の、いわゆる「もらい火」のときです。法的には、賠償してもらえないので、自分で火災保険に入っておくことで補償されます。これは失火の責任に関する法律という、日本の法律上で決まっているため、火災保険でカバーするしかないということなのです。