ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  保険について  > 失業保険とは


失業保険とは

失業保険とは、現在では雇用保険の一部の制度のことです。以前は、失業保険と呼ばれていましたが、現在は失業保険という名称を正式には使わないそうです。今でも失業保険と呼ぶ人が多いのは、失業給付に関することが多いためですが、雇用保険は失業給付だけを意味するものではありません。

失業保険は、簡単に言うと失業中の人を補償するための保険です。雇用保険に入っていた人が何らかの理由で退職した場合を対象にしていて、本人が就職したいという意欲があり、積極的に就職活動をしている人に対しての救済措置として給付されます。

会社をやめたら収入を一時的に失業保険に頼ることとなりますが、失業保険に関しての手続きはすべてハローワークで行われます。失業保険の失業給付を受けるためには、離職前に失業保険に6ヶ月以上加入していることが必要です。退職した理由や離職前の失業保険(雇用保険)の加入期間等によって条件も違ってきます。

もしも、失業保険に加入していたかどうかがわからないという人は、給与明細に社会保険控除が記載されているか確認して下さい。記載されていれば失業給付を受けることが可能です。

失業保険では失業給付だけでなく、再就職手当というものがあります。これは、早く再就職した人に支給されることになっているので、再就職が決まったら、ハローワークに申し出ましょう。上手く条件に当てはまれば、受給することが出来ます。

その他にも、教育訓練給付制度等もあるので、確認してみましょう。