ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  保険について  > 雇用保険とは


雇用保険とは

雇用保険とは、雇用にかかわる様々なリスクを補ってくれる保険のことです。

雇用保険は雇用保険法によって定められていて、失業給付や教育訓練給付、育児・介護休業給付、高年齢雇用継続給付などがありますが、一般的に雇用保険といえば、失業給付を意味していると考えて間違いないでしょう。そのため、失業保険と以前は呼ばれていました。

雇用保険は労働者が失業した場合や、何らかの事情で仕事を続けることが不可能となった場合に、次の仕事を見つけるまでの生活費を援助することを目的とした保険です。失業予防や労働者の能力開発や能力向上による雇用の促進、雇用構造の改善なども雇用保険の目的となっています。

雇用保険を受けるためには、まず離職票をもらうことが必要です。離職票は、勤めていた会社が退職日から12日以内に発行することになっています。また在職中に、「雇用保険被保険者証」の有無を確認しておくといいでしょう。住所地の管轄ハローワークで「求職申込み」をした後に離職表を提出するのですが、提出書類として写真と印鑑、身分証明書、本人名義の預金通帳等も必要です。そして指定された受給説明会には必ず参加することが受給の条件となります。第一回目の「失業認定日」は、この時に知らされます。なお、退職理由によって、受給の開始時期は異なるので、しっかりと確認するようにして下さい。

雇用保険の受給を継続的に受けるためには、失業中の労働者が常に働く意思と働く能力を有し、さらに働く機会を求めていることが必要です。

そのため、雇用保険での失業認定(失業状態であることの確認)は原則、4週間に1度行われます。このときは失業認定報告書に、自分の就職活動の状況等を記入して「雇用保険受給資格者証」とともに提出することになります。失業の認定を受けた日から、約1週間程度で指定の自分の口座に手当が振り込まれます。ちなみに、雇用保険の給付手当を受けられるのは、離職をした翌日から1年間だけです。細かい条件などのあるので、詳しいことはハローワークに問い合わせると良いでしょう。