ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  保険について  > 介護保険とは


介護保険とは

介護保険とは、2000年にスタートした、新しい社会保険制度で、40歳以上の人を対象とした強制保険です。

保険料を納め、介護が必要となったときに、保険給付を受けて介護サービスを購入するという従来の行政主導の制度から、利用者が「権利」として介護サービスを選択する新しいタイプの契約制度を採用しています。

高齢化がどんどん進んでいる一方、生まれてくる子供の数はそれほど増えず、少子高齢化が急速に進んでいるために新たに設けられた制度です。

40歳以上の人は、強制的に被保険者となり保険料を負担する必要があります。そして介護保険のサービスを受けたい場合は、利用者が介護を要する状態であることを本人または家族が、該当する市町村へ要介護の認定を申請して認定される必要があります。

そして認定が降りた場合、利用者は、要介護認定の結果により、定められた支給限度額の範囲内で希望するサービスを組み合わせて利用することができます。つまり介護保険の指定を受けているサービス提供事業者と契約をします。サービスの利用には、サービス費用の1割を事業者に支払うことが必要です。

サービス事業者の種類には、大きく分けて在宅でのサービスと、施設に入所してのサービスがあります。

在宅でのサービスには、ホームヘルパーが家庭を訪問し、食事、入浴、排泄の介助や、日常生活の手助けを行う訪問介護、リハビリテーション、訪問入浴介護、車椅子、ベッド等の福祉用具の貸与などがあります。

施設に入所してのサービスは、要介護と認定された人が利用でき、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保険施設(老人保健施設)、介護療養型医療施設(療養病床)などがあります。

因みに、40歳以上64歳未満の方を第2号被保険者、65歳以上の方を第1号被保険者といいます。

第1号被保険者は、介護や支援が必要となったと認定された場合にサービスを利用できます。第2号被保険者は、特定の病気(老化との間に原因が認められる)が原因で介護や支援が必要と認定された場合にのみ、サービスを利用できます。

また、2006年4月から新たな「介護予防」を重視したシステムなどがスタートしています。

まだまだ、これからの制度だといえるでしょう。