ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  保険について  > 生命保険とは


生命保険とは

生命保険をかけている方は多いと思います。
保険の中で「生命保険」は人に対してかけるもので、事故や災害などによる経済的損失などの負担に備えるための保険です。

万一の時に備える手段には貯蓄も有効ですが、自分が貯蓄した分の金額しか使うことが出来ません。生命保険は契約した時点から払い込んだ保険料に関係なく、契約した金額を受け取ることができます。そのため保険は効果的なリスクファイナンスと考えることが出来ます。

「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つが、生命保険の主な種類になります。

終身保険は、被保険者が死亡したときの遺族保障が目的の保険期間が一生涯続く保険です。相続税を保険金で払うケースもあるようです。一般的に解約した場合の解約払戻金があることが多く、そのため保険料は定期保険よりも割高になります。

定期保険とは、被保険者が死亡したときの遺族保障が目的で、10年とか保障する期間が決まっている保険です。保険期間内に被保険者が死亡または高度障害になった場合に保険金が支払われます。掛け捨てである場合が多く、そのため保険料は割安ですが、期間が切れた場合、掛金は戻りません。一時的に保障を増やしたいときなどに加入するとよいでしょう。

養老保険とは、基本的には定期保障と同じで、保険期間が決まっていて、死亡や病気時などに保険金の受け取りが出来ます。それに加えて、満期時に生存していた場合に満期保険金が保険金と同じ金額で受け取れるのが特徴です。特に高金利時に加入したものは貯蓄性も良く人気の商品でした。保険料は定期保険・終身保険と比べ一般に割高になります。

生命保険には多くの種類があり、一度加入しても結婚や出産、転職などライフサイクルの変化に合わせて、必要な保険が変わってくるのが普通です。保険選びをするときは、「必要な補償額」「保障の目的(収入、一時的出費、医療保障、老後の生活保障など)」を考えて、必要な期間と金額などを選択することが大切です。

また、結婚等により保険を選びなおす場合も、なるべく現在加入している保険を継続する方が得になります。入りなおすと契約年齢が高くなるために保険料が高くなったり、現在の健康状態によっては不利な契約になることもあります。十分にメリットとデメリットを考えながら検討し、解約は最終手段だと考えておく方がよいでしょう。

生命保険の種類を変える「転換」制度が一般的ですが、それ以外にも保障額を途中から変更する「中途増額・減額」、オプション特約のみをカットして本契約のみにする「特約のみ解約」、保険料の払込みをやめて保障を残す「払済保険」「延長保険」など、契約する保険会社によって若干の違いはありますが、様々な方法があります。

どのような目的で選ぶのか、今後の人生設計などを十分に検討した上で、最も自分にあった生命保険を選びましょう。