ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ  > 保険について


保険について

保険とは、死亡・火災・盗難・交通事故などによる経済的損失に備えるため、合理的計算に基づき危険度に応ずる公平な負担により事故が発生した場合に補償を得る仕組みのことです。

海外旅行保険

海外旅行保険とは、海外旅行中に発生する病気、ケガ、事故、盗難などがあったときに保障をしてくれる頼りになる保険です。海外旅行保険は、海外旅行の必需品です。海外旅行をする際には、出発前に必ず「海外旅行保険」に加入しておきましょう。海外旅行保険は、インターネットで申し込んだり、空港なのでも簡単に加入できるものもあります。 何故なら、一般的に海外では、医療費が日本と比べて非常に高いことが多いのです。 日本...

自動車保険について

自動車保険、入っていますか? 自動車保険とは、自動車で万が一事故を起こした時に生じる、様々な損害の主に金銭的リスクを補償するための保険です。保険料を納めることによって、契約が成立します。 自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は強制保険ともいわれており、自動車はもちろん二輪のバイクや原付も含まれます。誰もが必ず加入しなければならない保険です。もし加入せずに公道を走らせた場合、1...

入院保険とは

入院保険とは、医療保険の特約である場合がほとんどです。各保険会社が、医療保険に抱き合わせる形で様々な特約をつけたものと考えることが出来ます。いざ入院となると、入院費、生活費などの不安がつきものですが、それを補ってくれるのが入院保険です。 特約には、手術特約とか通院特約とかがありますが、細かい呼称は各保険会社によって異なっています。入院保険は病気やケガでいざ入院した時は役に立つ保険だといえるでしょう...

がん保険とは

がん保険とは、医療保険の中で、がんに特約することにより厚い保障を提供している保険です。がんと診断されたときに頼れる保険です。がんで入院・手術したときなどにも給付金を受け取ることができます。 がん保険には、がんと診断されたときの「診断給付金」、がんで入院したときの「がん入院給付金」、がんの手術を受けたときの「手術給付金」、がんで死亡したときの「死亡保険金」等があります。保険会社によってはこの他に退院...

火災保険とは

火災保険とは、基本的には火事になったときのための保険です。加入する保険によっては、それだけでなく、落雷、台風、雪、車両の衝突等の損害や、盗難に対する保険が付属するものまであります。家を対象としたトータル保障を目的とした保険と考えれば良いのかも知れません。 但し、火災保険は、地震などの自然災害については補償外となるので、補償を希望する場合は、合わせて地震保険にも加入しておくことが必要です。 火災保険...

医療保険とは

医療保険はケガや病気になって医者にかかった時に支払う医療費の一部(または全額)を補償してくれる保障制度のことです。大きく公的医療保険と民間医療保険に分けることが出来ます。 公的なものは、加入が義務化されいます。つまり国民は誰でも健康保険か、国民健康保険もしくは、共済組合などいずれかの社会保険に入ることが制度化されているのです。日本では1961年に制度化された国民皆保険という制度です。だいたい7割か...

失業保険とは

失業保険とは、現在では雇用保険の一部の制度のことです。以前は、失業保険と呼ばれていましたが、現在は失業保険という名称を正式には使わないそうです。今でも失業保険と呼ぶ人が多いのは、失業給付に関することが多いためですが、雇用保険は失業給付だけを意味するものではありません。 失業保険は、簡単に言うと失業中の人を補償するための保険です。雇用保険に入っていた人が何らかの理由で退職した場合を対象にしていて、本...

雇用保険とは

雇用保険とは、雇用にかかわる様々なリスクを補ってくれる保険のことです。 雇用保険は雇用保険法によって定められていて、失業給付や教育訓練給付、育児・介護休業給付、高年齢雇用継続給付などがありますが、一般的に雇用保険といえば、失業給付を意味していると考えて間違いないでしょう。そのため、失業保険と以前は呼ばれていました。 雇用保険は労働者が失業した場合や、何らかの事情で仕事を続けることが不可能となった場...

介護保険とは

介護保険とは、2000年にスタートした、新しい社会保険制度で、40歳以上の人を対象とした強制保険です。 保険料を納め、介護が必要となったときに、保険給付を受けて介護サービスを購入するという従来の行政主導の制度から、利用者が「権利」として介護サービスを選択する新しいタイプの契約制度を採用しています。 高齢化がどんどん進んでいる一方、生まれてくる子供の数はそれほど増えず、少子高齢化が急速に進んでいるた...

社会保険とは

社会保険とは、国または地方公共団体が直接管理・運営する、日本の社会保障制度のことです。民間で運営している個人保険に対して、国が公に運営している保険なので社会保険と呼ばれていると考えるとよいでしょう。 日本の社会保障制度、つまり社会保険、公的扶助、児童手当、社会福祉、保健衛生の中で、中核的存在となっているのが、この社会保険だということが出来ます。主なものに、労働者災害補償保険(労災保険)、雇用保険、...

損害保険とは

損害保険とは、偶発的な事故、もしくは台風による自然災害などの偶然のリスクによって生じた損害を補償するのが目的の保険であるということが出来ます。自動車保険、火災保険、地震保険、傷害保険など、目的別に色々な種類の保険があります。 自動車保険とは、 自動車の使用に伴う損害を補償する保険で、強制保険である自賠責保険も含まれます。 火災保険とは、 建物や家財の損害をカバーする保険です。火災だけでなく風水害に...

国民健康保険とは

国民健康保険とは、国民健康保険法その他の法令に基づいて運営される、健康保険です。略して「国保(こくほ)」と呼ばれる事もあります。自治体ごとに運営されていて、会社の健康保険や公務員の共済組合などに加入している人や生活保護を受けている人以外は、住民登録のある市区町村で加入することを義務づけられています。 加入者が保険料(税)を出し合い支え合う制度で、理論的にはほとんど全ての国民が健康保険に加入している...

生命保険とは

生命保険をかけている方は多いと思います。 保険の中で「生命保険」は人に対してかけるもので、事故や災害などによる経済的損失などの負担に備えるための保険です。 万一の時に備える手段には貯蓄も有効ですが、自分が貯蓄した分の金額しか使うことが出来ません。生命保険は契約した時点から払い込んだ保険料に関係なく、契約した金額を受け取ることができます。そのため保険は効果的なリスクファイナンスと考えることが出来ます...