韓流時代劇 -2




「ホジュン」も、「宮廷女官チャングムの誓い」と同じく医術を題材としているドラマです。主人公ホジュンは、愛人の子という自らの運命に屈する事なく強い意志と不断の努力、そして弱者に対する優しさで自らの人生を切り開いていきます。最後には正一品まで登りつめ、東洋医学に大きな足跡を残す偉人として後世に名を残します。

「薯童謠(ソドンヨ)」は百済、新羅、高句麗が対立する三国時代の百済の武王のドラマです。新羅の王女との恋愛を織り交ぜながらストーリーは展開していきます。

「海神(ヘシン)」も三国時代を題材にしたドラマです。朝鮮半島南部の小島清海を拠点に、唐、新羅、日本と東アジアの海上貿易を取りまとめた海の覇者チャン・ボゴの物語です。次々と襲いかかる苦境を乗り越えて、貴族達と壮絶なバトルを展開していきます。

「太王四神記」は高句麗の王子をとりあげたドラマです。純愛ドラマで活躍する「ヨン様」ことぺ・ヨンジュンが凛々しい武将姿を披露し、新たな女性ファンを生みました。時代劇としての魅力も満載で、時代劇好きの男性陣にも人気の高い作品です。


トップページ

(C) 2010 海外ドラマ研究所