24シーズン5 -2




シーズン4から1年半後、中国総領事殺人の汚名を着せられて中国政府から追われる立場となってしまったジャック・バウアーは、カルフォルニア郊外の町で製油所の日雇い労働者「フランク・フリン」として暮らしていました。ある日の午前7時、ジャックはかつての大統領デイビッド・パーマーが暗殺された事件をニュースで知ります。時を同じくしてCTU時代のジャックの同僚にも危険が迫っており、元同僚のクロエはジャックに助けを求めます。こうしてジャックは再びテロリストとの戦いに挑む事になります。オンタリオ空港占拠、神経ガス散布、ロシア潜水艦強奪など、次々とテロリストによる事件が起こっていきます。果たして、ジャックはテロリストに立ち向かう事ができるのでしょうか?

リアルタイムで話が進んでいくので、毎回が手に汗握るサスペンスドラマだと言えるでしょう。アメリカでも根強い人気の海外ドラマです。


トップページ

(C) 2010 海外ドラマ研究所