レイチェル・ビルソン




現代版「ビバリーヒルズ青春白書」と言われている人気の海外ドラマが、アメリカの「TheOC」です。日本でも放送され、人気の海外ドラマの一つとなっています。「TheOC」で一躍スターとして人気が出たのが、主役の一人サマー・ロバーツ役を演じたレイチェル・ビルソンです。

レイチェル・ビルソンは、カルフォルニア・ロサンゼルスで生まれました。祖父のブルース・ビルソンは、「奥様は魔女」など数々のテレビ番組を手がけているディレクターです。俳優としての経歴はまだ浅く、「サブウェイ」などいくつかのコマーシャル出演、テレビドラマのゲスト出演を経て、2003年に放送されたドラマ「TheOC」のサマー・ロバーツ役でドラマの人気とともに彼女も名も知られるようになりました。当初「TheOC」ではゲスト出演の予定でしたが、サマーのわがままなお嬢様ぶりの反響が大きかった事から、途中からレギュラーとして主役の一人に加えられました。


続きを読む

(C) 2010 海外ドラマ研究所