ジョージ・クルーニー -2




32歳の時、ドラマ「ER緊急救命室」のオーディションを受けます。このオーディションに合格しなかったらケンタッキーに帰るつもりで、ズボンのポケットにはケンタッキー行きのバスのチケットが忍ばせてあったそうです。結果は見事合格で、小児科医ダグラス・ロス役を手に入れました。

ドラマの大ヒットとともに、ジョージは人気俳優への道を歩み始め一躍全米スターとなります。「ER緊急救命室」では、エミー賞、ゴールデン・グローブ賞、映画俳優組合賞を受賞しました。ドラマの合間を縫って映画の主役もこなすジョージでしたが、徐々にドラマとの両立が難しくなってきたため、残念ながらシーズン5の途中で降板する事になります。数々の話題の映画に出演する一方で、2002年には念願であった監督デビューも果たしました。


トップページ

(C) 2010 海外ドラマ研究所