最近、海外ドラマが人気を呼んでいます。 海外ドラマと日本のドラマとの違いは何だと思いますか?

海外ドラマの人気の秘密を探る

海外ドラマはテレビやレンタルショップなどで気軽に楽しめるようになってきました。

連続テレビ小説や大河ドラマを除いて、日本のドラマのほとんどは1クールが12回くらいに設定されています。
1~4話くらいまでは、このドラマがどんな内容なのか、登場人物はどういう関係なのかを紹介し、5~8話くらいで、途中で視聴者が飽きてしまわないようにちょっとした山場があります。
9~11話あたりになると、最終回を盛り上げるための伏線が張られ、最終回は最高に盛り上がって終わる形になっています。
このように、日本のドラマは1クールで終わらせる作り方をしています。
人気があれば続編ができる事もありますが、その場合も1クールで作られます。
やはり約12回という短い中でのストーリーなので、途中で結果が読めてしまう場合もあります。

海外ドラマは、人気があれば可能な限り続けようとします。
例えばアメリカのドラマですが、新しいドラマがスタートして3ヶ月後に視聴者ランキングがあります。
この結果、視聴率が悪いドラマは即打ち切りになり、逆に人気のあるドラマは続行となります。
視聴者ランキングは年に3回行われます。
もともとずっと続けようとしてドラマが作られているので、ドラマを観ていて最終回に違和感があります。
「ここで終われば良かったのに…」とか「なぜここで終わるのだろう?」と思ったりする事があると思いますが、これには視聴者ランキングという背景があるのです。

▲このページのトップへ