ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  コンピュータとネットワーク  > オンラインゲームについて


オンラインゲームについて

オンラインゲーム(インターネットゲーム)とは、簡単に言えば、言葉どおりの意味でインターネットという広大なプレー場で行うゲームのことです。数年前までは、麻雀や囲碁やトランプといった、プレーヤー同士が1体1で行う対戦型ゲームが主流でした。しかし現在では、多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム(MMORPG)が主流となっています。

「インターネットゲーム」、略して「ネトゲ」などと呼ばれることもあるオンラインゲームといえば、この多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム(MMORPG)を指すと考えてもよいでしょう。

多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム(MMORPG)の先駆けとも言えるゲームは、1997年に開発された「ウルティマオンライン(Ultima Online)」です。このゲームは、元々はパソコンやファミコンで一人で遊ぶコンピュータRPGであったものが、多くの人が同時にインターネットに接続して、同じゲームの世界を共有して多人数で同時に遊ぶことの出来るゲームとして登場してきました。その後のゲームに多大な影響を与えた画期的なシステムといえます。

「ウルティマオンライン(Ultima Online)」が登場した後、現在に至るまで、数多くのオンラインゲームが日々開発されていますが、韓国産の「ラグナロクオンライン」や「リネージュ」などは、日本でも大ヒットして、かなり人気を集めたものの一つです。

しかし、人気が高まる反面、オンラインゲームでは仮想空間の中で、あたかも現実世界のように生活できるため、現実世界で生活しているかのようなリアルなオンラインゲームの世界にはまってしまい、現実との区別が曖昧になってしまう依存症のユーザーも出てきました。

また、オンラインゲームの中の世界でキャラクターが所有する特別なアイテムを、現実のお金で売買・取引するという「リアルマネートレード(RMT)」なる現象も現れ、さらには、ゲーム内の特殊アイテムや仮想貨幣ほしさに、現実世界で不正アクセス行為を行ったり、詐欺事件なども発生しています。逮捕者まで出る騒ぎとなっています。

社会問題までも引き起こしているオンラインゲームは、パソコンだけでなく、家庭用ゲーム専用機(PS3、Xbox 360、Wii)でもブームとなっていて、まだまだ衰えそうにありません。