ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  コンピュータとネットワーク  > コンピュータ技術者向けの資格試験


コンピュータ技術者向けの資格試験

コンピュータの資格試験は、大きく分けて、コンピュータ操作者向けのものと、コンピュータ技術者向けのものがあります。今回は、コンピュータ技術者(エンジニア)向けの資格試験についてお話しします。

コンピュータのエンジニアは、資格試験より実践力だ、などと言われています。これは、実際に仕事に役立つ能力と試験のための能力に、若干の違いがあることも原因のひとつだと思います。私も、情報処理系の技術者向けの国家資格を取得する際には、仕事以外の勉強を相当こなした経験があります。

資格試験をどれだけクリアしていても、実際に経験した仕事にはかなうわけがありません。しかし、コンピュータ関連の会社員なら、技術手当てとして、資格試験が考慮されることもあります。給料に直接反映するのは経験と実力であるはずですが、少し勉強すれば取れるようなものは、取得しておいて損はないでしょう。

エンジニア系の資格の基本は国家資格である情報処理技術者試験ですね。レベルや目指す仕事の種類に応じて何種類かあります。

さらに、専門的な資格試験もあります。例えば、データベース関連で言えば、オラクルの操作や管理能力資格試験である「オラクルマスター試験」は有力です。また、ネットワークならば、「シスコ技術者認定」等が有利でしょう。このような資格試験に挑戦すれば、在職中でも、転職でも、やる気や技術力をアピールできるのではないでしょうか。

コンピュータの技術者に限りませんが、あなたのこれまでに経験したことが財産になります。上司や同僚との間に築いてきた人間関係も大切な財産になります。

資格試験と人間関係の両方の財産を、相乗的に利用して豊かな未来を目指していきましょう。