ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  コンピュータとネットワーク  > ネット銀行(オンラインバンク)


ネット銀行(オンラインバンク)

ネット銀行(ネットバンク、オンラインバンクとも呼ばれる)は、ネットで収入を得たいと考えているなら、少なくとも一つは口座開設しておきましょう。

ネット銀行は、店舗での営業活動をほとんど行わずに、インターネット上でサービスを提供する銀行のことです。

ネット銀行の特長は、振込・振替・残高照会などのサービスを、インターネットを介して、24時間、いつでもどこでも手軽に受けられること。そして、人件費がかからないために、他の通常の銀行と比較して、振込手数料が比較的安いことなどです。預金通帳が存在しないことも特徴ですね。

2000年に誕生した「ジャパンネット銀行」が、日本で初めてのインターネット専業銀行で、その後、イーバンク銀行、ソニー銀行も参入し、現在は、この3行が「ネット専業銀行」と呼ばれています。

ネット銀行は、人件費や店舗維持費が大幅に節減できるため、その分、金利の上乗せや、振込手数料の減額などの付加サービスが期待できます。低金利時には、特に魅力的ですね。

しかし、現在では、ネット専業銀行以外の銀行も、従来の店舗サービスに加えて、インターネットバンキングにも対応しているため、ネット専業銀行は、以前よりもその特色は薄まってきている感があります。

しかも、セブンイレブンなどにATMを設置しているセブン銀行や、インターネットでの振込手数料を制限付きで無料としている新生銀行等、従来の枠組みにはまらない形態の銀行が登場しているため、ネット銀行にも、さらなるサービス向上が求められています。

利用する立場である我々としては、より便利になることに期待しましょう!