ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  コンピュータとネットワーク  > コンピュータ犯罪の歴史


コンピュータ犯罪の歴史

コンピュータ犯罪が社会問題になっています。

コンピュータさえあれば、仕事も、お金の振込みも、お買い物も、自宅でお小遣い稼ぎもできてしまいます。会社や個人だけでなく、今や、身近な市役所や保険、税金に至るまで、国の重要な情報がすべてコンピュータ化されています。実際、私も自宅のパソコンでインターネットを利用して、買い物もするし、銀行の口座の管理、仕事も行っています。

コンピュータはこの2,30年の間に急速な勢いで、大企業や一部の個人だけが個々に持ってローカルに利用している時代から、カプラーやモデムで電話回線を通じてデータのやりとりを行う草の根ネットワーク時代を経て、世界中に張り巡らされたインターネットを通じて、誰もが簡単に見たり、世界に情報を発信したりできる大規模で身近な存在へと発展してきました。

そのため、コンピュータ犯罪も急激に数は増え、内容は複雑化してきました。

コンピュータのデータなんて、全世界に繋がっているわけですから、仕組みさえ知っていれば、通信内容を覗いたり、データを改変して事実を書き換えてしまうことは簡単に出来てしまいます。あなたにとって大切な情報や、自分の土地やお金、仕事の契約書など、すべての情報が対象です。

コンピュータ犯罪に関する法律は、1987年に初めて、コンピュータに関連する不法行為を罰するものができました。いつの時代も、法律は犯罪の後追いで作成されます。内容を簡単に言えば、ウソの情報を登録したり、他人のデータを無断でのぞいたりすることはいけません。もしルールを破ったら罪を与えますよという内容です。

現代では、更なるインターネットの普及や携帯電話の一般化で、迷惑メールや性情報の氾濫が社会問題にまで発展しています。また掲示板の匿名性を悪用して個人や企業の名誉を傷つけたり、犯罪の話し合いや予告、集団自殺などもとりざたされています。

便利さ利用者の増加と共に、犯罪とそれを取り締まる法律も着々と増え続けています。コンピュータ犯罪の歴史は、まだまだ始まったばかりのようですが、これから無視できない問題であることは間違いありません。