ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  コンピュータとネットワーク  > コンピュータの歴史


コンピュータの歴史

コンピュータの歴史をご存知でしょうか。

誕生したばかりのコンピュータといえば、大きさはひとつの部屋位あって、値段も相当高かったようです。チョット前の映画なんかに出て来ますよね。だから、何となくイメージ出来ると思います。

現在の携帯性に優れた薄型のノートパソコンを見慣れていると、冗談みたいに聞こえるかもしれませんね。当時は車よりもっと大きかったものが、今はICチップひとつに収まってしまい、そして大人が立って両手を広げたくらいの箱が何個か並んで、それがやっと1つのコンピュータだったのです。能力は、今のコンピュータと比較出来ないくらい単純な機能しかありませんでした。

そしてその大部分は、メモリーという、コンピュータの画面表示や計算内容を一時的に記憶する部品で、容量はせいぜい16キロバイトで、今のパソコンの数万分の1しかありませんでした。

ちなみに、最近のパソコンの平均メモリー容量は、だいたい512メガバイトくらいあります。16キロバイトからすると、30000倍以上になります。容量=能力ではありませんが、もの凄く増えたことになります。当時からは想像も出来ないくらい小さくなったコンピュータ(ノートパソコン)に搭載されている訳ですから、容量は30000倍以上となりましたが、大きさは筆記用具の定規ほどの薄さと大きさのチップひとつというから驚きです。

コンピュータに対する価値観についても、10数年前までは、マニアックな個人や小難しい研究を行う機関、または新しもの好きが、大決意してやっと購入していましたが、最近ではメーカーは、性能の進歩がめまぐるしいので、購入者が3年で買い替える前提で製作・販売しているそうです。

しかし、実際ユーザーが使っている機能は基本的なもの(ちょっとした文章やインターネットの閲覧程度)が多いようです。すべての性能を使いこなしているユーザーは、ほんの僅かだそうです。