ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  コンピュータとネットワーク  > セキュリティでは、何を守るの?


セキュリティでは、何を守るの?

セキュリティとかよく言われますが、何が危なくて、何を守ればいいのでしょうか。

あなたは、普段インターネットで何をしていますか?

気になるニュースやお気に入りのブログを見たり、ネットショップで買い物をしたり、知り合いとチャットでおしゃべりしたり。応援しているアイドルの写真を集めたり、インターネットでは、様々なことが可能です。子供から大人まで、テレビのようにインターネットを利用している人が増えています。特に20代前後の若者でパソコンを使う人は、1日2時間もモニターに向かっているという調査結果もあるようです。

ネットサーフィンしてるだけ、全然危ないことはしていないから大丈夫だと考えていませんか。

だとしたら大間違いです!

コンピュータをインターネットにつなげているだけで、あなたのコンピュータは、危険にさらされているのです。インターネットは、世界中とつながっています。便利な反面、危険もいっぱいあるのです。

mixiなどにログインしたときのIDやパスワード、楽天で買い物をしたときのクレジットカード情報、気になるサイトの資料請求で入力した住所や氏名などの個人情報、ヤフーやグーグルで検索したキーワード、ありとあらゆるデータ、自分のパソコンの大切なデータが・・・、ブラウザを開いただけで、操作した情報は、すべて仕組みが分かる人がのぞけば、全部丸見ることが可能なのです。

セキュリティ意識は、コンピュータだけではなく、常に注意することが大切です。

チャットで仲良くなったからといって、簡単に、本名、学校名などを話してしまうことも注意が必要です。あなたは、友達のつもりでも、相手は、情報を聞き出したいだけかもしれません。

悪意のある人に個人情報が渡れば、どのように利用されるか分かりません。プライバシーを侵害されたり、振り込め詐欺、目をつけられて、ストーカー行為をされる可能性だってあります。

過剰に反応する必要はありませんが、セキュリティ意識をキチンと持って、安全で楽しいコンピュータライフを送って下さい。