ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  美容やエステに関すること  > 赤にきび対策


赤にきび対策

赤にきびとは、一般的な「にきび」全般のことを指します。

皮膚が赤く腫れ上がった状態で、見た目も赤く、触るとかなり固くて、押すと強い痛みが伴うこともあります。赤にきびは、いきなり出来るということはなく、白にきびから黒にきび、そして赤にきびへと進行していきます。

赤にきびの原因は、

黒にきびの段階で毛穴が詰まってにきび菌、つまりアクネ菌が増え、炎症を起こしたことです。
白にきびや黒にきびに比べて患部が深く、治りにくい傾向があります。赤にきびは、にきびの中期段階といえます。しっかりと治療や対策を施して、先手先手で対処し、あせらず気長に治す覚悟が必要です。

赤にきびは放っておくとさらに進行し、周囲の組織まで炎症がおよんで膿や痛みを伴うことがあります。よって赤にきびができてしまったら、すぐに対策を講じる必要があります。

赤にきび対策としては、

毎日の洗顔とスキンケアをしっかり行い、油分の多い食事や香辛料をなるべく避けて、肌を清潔に保つことが挙げられます。また、規則正しい生活を送り、睡眠不足にならないように注意することも大切です。

赤にきびに刺激は禁物。髪の毛がかかったりしないように注意し、手で触ったりしてもいけません。それに潰れてしまうと跡になる可能性も十分に考えられます。ファンデーションも避けたほうがいいでしょう。

赤にきびが進行すると、

毛穴の中に蓄積した皮脂とにきび菌(アクネ菌)が毛穴の壁を壊すほどにふくらみ、膿が出てくるようになります。このとき、毛穴回りの組織を破壊しながら進行していきます。赤にきびはこの状態になると、間違ったケアがにきび跡になってしまうこともあるので、専門の医師に診察してもらい、適切な治療を受けるようにしましょう。