ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  美容やエステに関すること  > 白にきび対策


白にきび対策

白にきびとは、にきびの初期の段階の症状のこと。

わずかに皮膚が盛り上がっており、毛穴のところにプクッとにきびができていて、白く見えます。白にきびには、毛穴がふくらんでいてプチッとつぶれるタイプと、こもってしまっているタイプがあります。

白にきびができる原因は、

毛穴が閉じている状態で、毛穴の入り口の角質が厚くなり、余分な脂肪が表皮の下で外に出ることが出来ずに溜まってしまうためです。

古い角質は、酵素の働きによって切り離されますが、肌が極度に乾燥していたり、ストレスなどによってホルモンのバランスが崩れていると、その酵素が正常に働かなくなります。そして、角質がどんどん厚くなっていき、結果、脂肪がたまってしまうということになります。

白にきびは、放っておくとどんどん悪化し、毛穴の開きや赤にきびの原因になります。

早いケアが大切です。白にきびは、毛穴がふさがられると簡単にできてしまいます。メイクをちゃんと落とさなかったりファンデーションを厚く塗りこむことによってもできることがあります。大事なのは、毛穴をふさがないこと。

白にきび対策では、日頃からのスキンケアが大事になってきます。クレンジングや洗顔などをきちんと行って肌の潤いを保ったり、マッサージをして血行を促進したりすることで、十分に改善や予防が可能です。洗顔には弱アルカリ性の純せっけんがオススメです。

また、白にきび対策として、規則正しい生活をし、ストレスをためないことも重要ですね。注意点としては、固い芯のある白にきびを、指先などでつぶさないこと。こうした行為はにきび跡になる原因にもなるので、やめておいたほうがいいでしょう。

白にきびは、にきびの初期段階ではありますが、きちんとケアしていないと、にきびの症状がどんどん進んでいくので油断は禁物。

ケアしたからといって明日すぐよくなるものではありませんが、
コツコツと根気よくケアしていくのがにきび治療の大事なところ。白にきびのうちにしっかり治しましょう。