ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  美容やエステに関すること  > にきび跡の原因と種類


にきび跡の原因と種類

にきび跡とは、にきびを悪化させた結果できる赤みがシミのように残ったり、肌の表面がクレーターになってしまったりする状態のこと。

にきび跡ができる主な原因は

  • にきびを引っかいたりつぶしたりして悪化させる
  • にきび発生後の間違ったスキンケアや治療
  • 適切な治療をせず放置する
  • 寝具や洗面用具など肌に直接触れるものが不潔である

といったようなことが挙げられます。また、乾燥肌もにきび跡が残りやすくなります。

にきび跡ができる原因は、毛穴の中にあるにきび菌(アクネ菌)です。にきび菌は常に毛穴の中にあり、殺菌しても完全に消滅させることはできません。にきび菌は皮脂をエネルギーにしており、皮脂が蓄積すると活動が活発化、毛穴内の炎症が真皮にあるコラーゲンや皮下組織を破壊してしまいます。にきび跡は、にきびを悪化させた結果できるわけですから、にきび跡をつくらないためには、まずにきびができないようにすることと、できてしまったときは治療をきちんとすることが大切です。


にきび跡は、にきびを悪化させてしまった結果できますが、にきび跡の種類には、以下の3つがあります。

にきびの炎症が治まったあとの組織が収縮し、凹んでクレーター状態になってしまったもの
クレーター状態や盛り上がったにきび跡は、できてしまったにきびの度合いが深く関係しています。

組織が厚く肥大しケロイドのように盛り上がったもの
にきびの炎症や化膿がひどい場合は、再生能力の高い角質層よりも下の「真皮」と呼ばれる、肌の形を保持する役割を持っている部分にダメージを与えてしまいます。そのため、これらのにきび跡は直りにくくなるのです。

にきびの跡が色素沈着してしまったもの
にきびの跡にできる色素沈着とは、肌のシミのことをいいます。色素沈着はにきびばかりでなく、炎症を起こした部分にできやすく、これを炎症後色素沈着といいます。

にきび跡を直すのは難しく、場合によっては一生残ってしまうことも少なくありません。にきびは皮膚の病変であり、でこぼこしたにきび跡やシミの発生を防ぐためにも、きちんとした治療が必要です。

たかがにきびと侮り、あとで後悔しないようにしたいですね。